三重県でディーラーの下取り価格が安くなる理由

長年乗った愛車を買い替えるときにどうしていますか?

多くの方は、新車を購入と同時に下取りしていると思います。

実はそれだいぶ損しているんです。車の下取りするよりも、私が住んでいる三重県でいうと、ガリバーアウトレット23号津店、アップル四日市ときわ店、ラビット伊勢中央店などといった車買取業者に売った方が、場合によっては30万円以上高く買い取ってくれるんです。

そもそもなぜディーラーの下取り価格は安いのでしょうか?ディーラーの下取り価格が安くなる理由は主に3つあります。

1つめは査定基準の違いです。車の査定の基準としては、年式や走行距離で見る事が基本となりますが、ディーラーの場合は純正品以外のオプションパーツにプラス査定をつけるのは難しいと言われています。一方、買取専門店などは、中古車販売のルートが確立されている為、しっかりとオプションをプラス査定した上で金額を見積もりしてくれる事も良くあります。

2つめは販売ルートの違い。車買取店は海外への輸出、オークション、パーツのバラ売りなど、通常に売る以外にも様々な販売方法があります。それに比べてディーラーは販売方法が少ないです。ディーラーは自社製品を売るのがメインなので、下取りをした車の販売ルートが買取専門店ほど広くないのです。もちろんカーオークションにも出品しますが、専門で売買している買取店と比べるとどうしても値段の正確性が劣ります。

3つめは新車販売の交渉を有利にするためです。ディーラーの下取りが安くなる理由の一つとして、次に購入してもらう車の値引きが関係している事があります。どういうことかというと、実際の査定額が30万円だったとします。ですが、お客さんには、下取り価格を20万と安い下取り価格を提示します。それで新車を購入する際に、「特別に10万円安くします!」などと言って悩んでいるところにとどめを刺します。

これから数回にわたって、下取りするより車買取業者に売った方が良い理由、また車買取業者に売るにしても車一括査定サイトを利用した方が良い理由を書いていきます。

関連記事